~シリーズ 世界のライフスタイル~ 「グリーンウォッシング」にならないために 〜世界の企業が取り組む先進的な環境対策〜

複数国  業種: , , , ,  キーワード: , , , , , , , ,

topimage202012-LsVOICEjpでは、世界各国で暮らす日本人女性ネットワーク「ライフスタイル・リサーチャー」から日々届けられる情報をもとに、現在の社会情勢におけるライフスタイルの変化をお届けしています。
2030年までの達成を目指す「持続可能な開発目標(SDGs)」への世界的な関心の高まり、政府・企業・個人レベルでの行動が進んでいます。その動きは、新型コロナウイルスによる世界共通の危機を経て、あらためて地球や自然環境、人間のライフスタイルを見直すきっかけとなり、今後ますます実際の行動が求められる時期に入っていくでしょう。
今回の特集ではドイツ・アメリカ・イギリスの3か国から、企業の先進的な環境への取り組み事例をご紹介します。企業経営において環境やSDGsへの取り組みは、もはや必須事項ともいえる重要なテーマですが、見せかけだけのパフォーマンスや実態以上に効果をアピールすることは、「グリーンウォッシング」「SDGsウォッシング」(※)と呼ばれ、消費者から批判の対象になる時代です。
これからは、より長期的な目線での方針と実際の行動、そして誠実な情報公開が求められます。一度はグリーンウォッシングと批判されたところから改善をし、最もサステナブルなブランドとも呼ばれる「VAUDE」の事例など、各国から高い評価を受けている事例をご紹介します。

無料レポートをみる