~シリーズ 世界のライフスタイル~ 多様性のシナジーで魅力度急騰! 米ミレニアルズを惹きつける最旬都市 テキサス州 オースティン

アメリカ  業種: , , ,  キーワード: , , , , , , , ,

多様性のシナジーで魅力度急騰! 米ミレニアルズを惹きつける最旬都市 テキサス州 オースティン世界各国のトレンドをリードするアメリカですが、なかでも全人口の3割を占めるといわれる「ミレニアルズ」(19802000年初期に生まれた世代)のライフスタイルや消費動向、そこから生まれるトレンドは、依然として世界に大きな影響を及ぼし続けています。アメリカのミレニアルズの動向に関しては日々様々な情報が発信されていますが、今回のVOICEjpでは注目すべきひとつの都市にフォーカスしたいと思います。

U.S. News and World Report が発表した最新記事「全米住みやすい都市ランキング 2019」で、テキサス州の州都オースティンが3年連続1位を獲得したということが話題になりました。人口流入でいえば、平均すると1日約100人が移住してきているといわれるほどです(KXAN-TV記事)。と同時に、米リサーチ企業The Langton Co.によるミレニアル世代を対象とした全米都市別のインサイトリサーチの結果、オースティンが「Friendly」と「Clean」部門で1位を獲得しています。米シンクタンクBrookings Institute2018年のレポートによると、オースティンは全米の都市の中でミレニアルズの人口比率が2番目に高い都市で、じつに27.2%を占めています(全米平均は23.4%)。また、2010年から2015年のミレニアルズ人口増加率も全米平均の4.7%に対して、約3倍の14.4%増となっており、若い世代の移住者が増え、着実に人口を伸ばしていることがわかります。

いったいなぜ今、これほどまでにオースティンが若い世代の注目を集めているのでしょう。現地在住リサーチャーが3つの切り口から、ミレニアルズを惹きつける最旬都市オースティンの魅力を分析します。

無料レポートをみる