アップサイクルの新たな形、「Edible Coffee」

ラトビア 業種:  キーワード: , , ,

アップサイクルの新たな形、「Edible Coffee」

ラトビアの首都リーガに拠点を置く、食のスタートアップ企業「Coffee Pixels」。食べられるコーヒー(Edible Coffee)として、コーヒースナックバーを販売。コーヒー豆とコーヒーの果実であるカスカラなどを使った「CASCARA」とコーヒー豆と無脂肪乳を使った「MILK」の2種類を展開。それぞれ20パック入り、€35(約4,600円)で販売。現在、ラトビアを中心に、リトアニアやエストニアなど周辺国の他、計7カ国で販売されている。食べるコーヒーとしてカフェインも摂取でき、新たなコーヒー体験として人気を集めている。(Masako

https://www.horecatrends.com/en/coffee-pixels-makes-it-possible-to-eat-your-coffee/