携帯型簡易アレルギー探知機”iEat”

アメリカ 業種: , , ,  キーワード: , , , , ,

携帯型簡易アレルギー探知機“iEat”

ハーバード大学医学大学院で、料理にアレルギー物質が入っているかを探知できるデバイス“iEat”が開発された。このデバイスは、キーチェーンに付けられるほどコンパクトなサイズとなっており、値段は40ドル(約4,500円)とリーズナブル。食材の一部をこの装置にセットし、10分程度でアレルギー物質を検出することが可能。卵、小麦、牛乳などの食材が料理に含まれているかを調べることができ、その結果がスマートフォンのアプリに送信されるようになっている。動物性の食材を探知することも可能なため、現在人口が増加しているヴィーガンからの注目も集める商品となりそうだ。