環境保全と経済支援を促進する「バイオ燃料プロジェクト」

南アフリカ 業種: ,  キーワード: , ,

2014年から米ボーイング社がスポンサーとなり、バイオ燃料研究大手の「Sunchem SA」社と「Sky NRG」社によって、バイオ燃料の原料として使用可能なニコチンを含まないタバコの交配種ソラリス(Solaris) を栽培するプロジェクト「Solaris」が始まった。バイオ燃料原料作物の栽培をすることで小規模農家と地域の発展に繋げようというもので、2016年7月にはソラリスから精製した燃料を、通常の燃料に30%混合したバイオ燃料を実用化し、ヨハネスブルグからケープタウンまで300人を運ぶことに成功した。南アフリカの農家がこのプロジェクトを通して習得したバイオ燃料栽培を維持し、範囲を拡大することで現地の人々の生活改善や南アフリカの経済支援に繋がることが期待される。(Eri)