「Google.org」公立図書館でWiFi無料貸出をスタート

アメリカ 業種:  キーワード: ,

150713_librarywifi
シアトルの公立図書館が、利用者に対してWiFi HotSpot、150台の貸し出しを始めた。シアトル在住で図書館カードを持っている人であれば、本を借りるようにWiFiをレンタルすることができる。図書館でさえもデジタル化が盛んなアメリカだが、シアトル市内においては、インターネットにアクセスすることのできない人は全人口の20%にも上る。こうした事情を踏まえて、シアトル市民がどこでも自由に図書館システムを利用できることを目指して、WiFi貸出制度が開始された。今回の取り組みは「Google.org」からの225,000ドルの寄付金によって賄われており、HotSpotの他にも、モバイルHotSpotが内蔵された75台のラップトップやデジタルリテラシープログラムにもその寄付が使われる予定となっている。(Makiko)