一風変わったフィットネスクラス・トップ10

イギリス 業種:  キーワード: , ,

ロンドンの情報誌タイムアウトが、ロンドンの変わったフィットネスクラス・トップ10を紹介。どれもユニーク事例として紹介されているが、フィットネスの多様化が進んでいることが分かる。

1. Twerkshop:しこを踏むかのように股を開いて腰・お尻を振る今流行のダンスをフィットネスに取り入れて延々と踊るクラス。
2. Ravercise:レイヴパーティを想起させるエクササイズで、DJが一時間アップテンポの曲を流し、その間振付師を見ながらダンスフロアーで踊るというダンスクラス。
3. Doga:犬とヨガを組み合わせて行うフロリダ発のエクササイズ。愛犬にマッサージなどをしながら伝統的なハタ・ヨガのポージングなどをする。
4. Barry’s Bootcamp:アメリカ発でセレブも通うというジム、バリーズブートキャンプ。ナイトクラブのように薄暗い施設だが、一時間で1000キロカロリーを消費するハードなトレーニングを行う。
5. Splitz:トレーニングの基本は“股割り”という強烈なストレッチを行う。このクラスはポールダンスのトレーニングで有名なロンドンのダンスアカデミーで受講できる。
6. Vikings & Valkyries:北欧風のハードなトレーニングを行う。45分の間に樽を持ち上げたり、アンビル(金床)を引っ張ったりと、まるで「世界最強の力自慢男」決定戦に挑戦しているような気分にさせられる。
7. Hydrofit:ニューヨークで生まれたミニチュアプールの中で自転車をこぐエクササイズ。
8. Hula Fit:フラフープを使ったエクササイズで引き締まった身体をつくる。
9. J Lo v Janet:ジェニファー・ロペスとジャネット・ジャクソンをテーマに2時間踊り続けるワークショップ。
10. Voga:マドンナの『ヴォーグ』のミュージックビデオで踊られたヴォーギングパフォーマンスを取り入れたヨガを行うクラス。