~シリーズ 世界のライフスタイル~ 各国ライフスタイル・リサーチャーに聞きました!withコロナ生活におけるポジティブな変化 【街&企業の取り組み編】

複数国 業種: , , , ,  キーワード: , , , , ,

各国ライフスタイルリサーチャーに聞きました!withコロナ生活におけるポジティブな変化【街&企業の取り組み編】

VOICEjpでは、世界各国で暮らす日本人女性ネットワーク「ライフスタイル・リサーチャー」から届く情報をもとに、各国の社会情勢やライフスタイルの変化、最新トレンド等の特集をお届けしています。今回は、新型コロナウイルスの拡大によるパンデミックからはや半年が経ち、「withコロナ」「ニューノーマル」な生活様式が各国で模索されている中で、実際のところどんな変化があったのか、特にポジティブな変化で今後も継続しそうな事例を、各国在住リサーチャーによる生の声でお届けします!前回に続き、今号では「街&企業の取り組み編」をご紹介します。

今回協力してくれたライフスタイルリサーチャー紹介

withコロナ生活における街の中のポジティブな変化

ロックダウンや外出制限を経て、暗い話題ばかりに注目が集まりがちでしたが、そんな状況下でも各国の街の中ではどのようなポジティブな変化が見られたのでしょう。現地在住リサーチャーの目線でご紹介いたします。

イギリス・Ayakoさん

英国政府による
外食半額キャンペーン「EOTHO」は大成功!

新型コロナウイルスによって経済が大きな打撃を受けたため、景気刺激策として英国政府が8月3日から31日に行った外食支援キャンペーン「EOTHO(EAT OUT TO HELP OUT)」。キャンペーン参加店で外食すると、月火水のみ1人当たり最大10ポンド(約1,400円)まで半額になり(アルコールは割引対象外)、割引額は政府が負担するとあって、84,000店が参加(8/25時点)。キャンペーンを利用して食事を楽しむ客と談笑するリシ・スナック財務大臣(写真中央)は、「6,400万食がこのキャンペーンによって消費された」と語り、これは全イギリス国民が1回外食をしたこととほぼ同じ数字に値し、イギリス人がいかに外食好きな国民であるかが示されました!同キャンペーンにより、飲食業界200万人の失業を防いだとも言われていますが、キャンペーン終了後も継続して政府による飲食業界支援が期待されています。

英国政府による 外食半額キャンペーン「EOTHO」は大成功!

イスラエル・Hatsukiさん

家族や友達の代わりに、木をハグしよう!

イスラエルでは、国立自然公園機関がソーシャルメディアを介して「木をハグしよう運動」を広めています。当局のマーケティングディレクターOrit Steinfeld氏は、「コロナ禍のストレスフルな期間、あえて豊かな自然環境に赴き、深呼吸し、木を抱きしめてあなたの愛を表現し、さらに木から愛を得ることをお勧めします。つながり、抱き合うことは人間の基本的な欲求です」と述べています。木を抱きしめることはハグの温かみを想起させ、ストレスを解消してくれるだけでなく、木をハグすることで自然保護の意識も高まるため、一石二鳥ですね!

家族や友達の代わりに、木をハグしよう!

タイ・Momoさん

三輪タクシー「トゥクトゥク」を利用した
新感覚音楽フェス!

8月に、バンコクのチャオプラヤ川沿いの観光客向けモールの屋外で、ソーシャルディスタンスに配慮した音楽フェスティバル「TUK TUK Festival」が開催されました。会場側が用意する三輪タクシー「トゥクトゥク」を観客一組につき1台用意し、各車は間隔を空けて駐車。観客は自分のスペースで自由にイベントを楽しむというスタイルです。入場時には体温測定のほか、手指消毒場所なども設置され、感染対策も万全。オンラインでは味わえない、ライブの臨場感や一体感を求める大勢のファンで大いに盛り上がりました!
https://www.facebook.com/tuktukfestival/

三輪タクシー「トゥクトゥク」を利用した 新感覚音楽フェス!

デンマーク・Yukaさん

老人ホームでもニューノーマルな面会スタイルを導入!

新型コロナウイルスの影響で老人ホームが訪問客を制限したところ、認知症患者は以前よりも穏やかに元気に日常を送るようになり、睡眠も改善されるなど良い影響が見られたとのことです!これは今まで刺激が多すぎたという証明でもあり、老人ホームはより良い訪問客受け入れ方法の模索を始めています。屋外での面会はヒュッゲで(心地よく)気分転換にもなるため、一定の時間に屋外でのみ面会可能にしている施設もあります。また、午後に1時間だけ、家族とFaceTimeやSkypeで話すというサービスにも希望者が殺到。スタッフがサポートするためスムーズで、お互いの顔を見て話せることに、老人ホーム滞在者も家族も大満足のようです。
参考動画:https://www.tv2east.dk/coronakrisen-hvad-har-vi-laert/corona-lukkede-besoeg-paa-plejehjem-nu-har-beboerne-faaet-det-bedre

老人ホームでもニューノーマルな面会スタイルを導入!

アメリカ・Rikaさん

生産者の顔が見えるクラフトビールの
ドライブスルーが登場!

世界一ブリュワリーの数が多いと言われるビール天国ポートランドに、複数のクラフトビールブリュワリーやサイダリーが、週に一度「オールド・タウン・ブリューイング」の駐車場に集合し、タッチフリーでビールの販売を行う「ドライブスルー・ブリュワーズ・マーケット」が登場しました!消費者は自宅や車両内からアプリで商品の注文・決済を行い、会場には車両はもちろん、自転車、徒歩でも入場でき、ソーシャルディスタンスを保ちながらビール生産者とのコミュニケーションが取れます。直販(宅配・テイクアウト)も人気ですが、消費者が出かけて1ヶ所で複数の生産者との交流を楽しめるこの仕組みは大好評です!
https://brewpublic.com/beer-events/old-town-brewing-weekly-drive-thru-brewers-market/

生産者の顔が見えるクラフトビールの ドライブスルーが登場!

24時間営業で売上増を実現!スイーツの自販機が出現

ポートランドの人気フランス洋菓子店「Pix Patisserie」は、スイーツの冷蔵自動販売機「PIX-O-MATIC」を導入。新型コロナウイルスの影響で一時閉店中のパティスリーに代わり、店頭で美味しいスイーツを24時間無人で販売しています。系列店であるバーのドリンクやおつまみの缶詰、オリジナルグッズなど126点のアイテムが揃い、毎朝10時に清掃と商品の入れ替えが行われます。また、毎週末「PIX-O-MATIC POP-UPS」と称して、同店の商品に加え、週替わりで餃子、サラダボウルなど他社のゲストアイテムも販売し、互いの新規顧客を開拓しています。 少ないスタッフで24時間スイーツを販売できる自販機は、withコロナ時代でも売上アップを実現しているそうですよ!
http://www.pixpatisserie.com/

24時間営業で売上増を実現!スイーツの自販機が出現


withコロナにおけるポジティブな変化を生み出す企業の取り組み

様々な企業がwithコロナ時代に人々の生活をポジティブに変化させてくれるサービスを提供しています。各国リサーチャーおすすめの事例をご紹介します!

イスラエル・Hatsukiさん機能面にこだわったイスラエルの最新マスク!

テック大国イスラエルでは、日々マスク改革が行われています。例えば、Bezalel Academy of Art and Designの学生が考案した、顔に直接貼り付ける「ストラップレスマスク」が注目を浴びています!このマスクは、専用ケースに付いている混雑センサーがマスクを着けるタイミングを教えてくれるほか、UVライトがケースにマスクを入れる度に殺菌してくれる仕様になっています。他にも、イスラエル工科大学機械工学部で開発された、マスクの強度や機能を高めるマスク保護強化シート「Maya」ステッカーは、既に大量生産されアメリカ、ヨーロッパ、カナダ、日本などへの独占輸出契約を結んでいると言われています。今後のマスク動向にも注目していきます!

機能面にこだわったイスラエルの最新マスク!

 

イギリス・Ayakoさんコロナ禍で需要のない充電コーナーを
除菌コーナーに変えて大成功!

2017年に設立され、パブやバーを中心にスマホやパソコンの充電コーナーを設置するビジネスを展開する「ChargedUp」は、都市封鎖によりビジネスは閑古鳥状態に。しかし、いち早くコロナ禍のニーズを捉え、「CleanedUp」という新サービスを立ち上げて、充電コーナーを除菌コーナーに変更!流通センターや配送会社などを中心に1,500ユニットの設置に成功しました。コロナ禍で低迷した既存ビジネスを、すぐに必要とされているビジネスに転換した成功事例ですね。
https://www.cleanedup.green/

コロナ禍で需要のない充電コーナーを 除菌コーナーに変えて大成功!

 

デンマーク・Yukaさん

お買い物サポートアプリで
お小遣い稼ぎ&新たな交流にも!

デンマークで全国展開しているドイツのスーパー「Rema1000」は、買い物に行けない人をサポートするアプリ「Vigo」を開発しました。小さな子どもが家にいるため外出しにくい人や、感染が心配で買い物に行きたくない人などがアプリを通じて欲しい商品を注文すると、そのスーパーに買い物に行くユーザーで、他人の買い物サポートをしてお小遣いを稼ぎたい人がついでに買い物をしてきてくれるという仕組み!銀行口座と携帯番号を連動させたアプリ「MobilePay」で支払いも簡単。初回だけは無料で試すことができ、サービスを利用したユーザーは評価を付けられるので信頼性も高いです。新しい人と人の交流も生まれて、Win-Winなサービスですね。
https://vigo.dk/saadan-virker-det/

お買い物サポートアプリで お小遣い稼ぎ&新たな交流にも!

タイ・Momoさんフードデリバリー大手発の
「クラウドキッチン」サービスが便利で好評!

タイで数年前から人気のフードデリバリーサービスは、新型コロナウイルスによるロックダウン(3月から4月)を経て、ますますタイ人のライフスタイルに定着してきています。家族の週末の団らんや職場でのランチなど、外食の代わりにフードデリバリーを利用する機会が増えています。タイ人は自分が食べたい物へのこだわりが強く、注文する店で悩んだり、食事だけでなく飲み物を別の店舗から頼みたいという人も多いです。ただ、数か所の店舗からデリバリーを頼むと、その分デリバリー代金がかさんでしまいますよね。そこで登場したのが、フードデリバリーサービス大手LINE MANから、10数軒の人気店舗を1カ所に集めた「クラウドキッチン」サービス!参加店の中から選べば、複数の店舗からでもデリバリー代金は1回分で済みます。入居する小規模飲食店にとっても、デリバリーサービス会社の支援を受けてスムーズにデリバリーに参入できるということで人気です。
https://www.wongnai.com/business-owners/lineman-kitchen-interview

フードデリバリー大手発の 「クラウドキッチン」サービスが便利で好評!


各国リサーチャーが身近で感じたwithコロナ生活におけるポジティブな変化を、「家ナカ&働き方編」「街&企業の取り組み編」として2回にわたってお届けしましたが、いかがでしたか?いずれのトピックも、コロナ禍で生まれた負の側面を逆転の発想でポジティブに変換している事例ばかりでした。これからも世界各国で生まれる新しい変化に注目していきます!


 

TNCのマンスリーレポートは無料のメールマガジンです。

毎月、世界のビジネス情報を無料でお届けするメールマガジン「VOICEjp」、バンコク発の期間メールマガジン「VOICEth」を配信中です。ぜひご登録ください。

メルマガに登録する