~シリーズ 世界のライフスタイル~ 各国ライフスタイル・リサーチャーに聞きました!withコロナ生活におけるポジティブな変化 【家ナカ&働き方編】

複数国 業種:  キーワード: , ,

withコロナ生活におけるポジティブな変化 【家ナカ&働き方編】

VOICEjpでは、世界各国で暮らす日本人女性ネットワーク「ライフスタイル・リサーチャー」から届く情報をもとに、各国の社会情勢やライフスタイルの変化、最新トレンド等の特集をお届けしています。今回は、新型コロナウイルスの拡大によるパンデミックからはや半年が経ち、「withコロナ」「ニューノーマル」な生活様式が各国で模索されている中で、実際にどんな変化があったのか、特にポジティブな変化で今後も継続しそうな事例を、各国在住リサーチャーによる生の声でお届けします!今号では「家ナカ&働き方編」、次号では「街・地域&企業の取り組み編」として2回にわたってご紹介します。

今回協力してくれたライフスタイル・リサーチャー紹介

withコロナ生活における家ナカや家周辺のライフスタイル変化

まずは、ロックダウンや外出制限の中で、各国でも「おうち時間」を楽しむ新しいスタイルや便利なツールを導入する人が増えています。各国リサーチャーの周辺ではどのような変化が見られたのでしょう。

イギリス・Ayakoさん

外出自粛でも庭で気軽にリゾート気分!

夏日になることは年間で数週間程度しかないイギリス。もともとホットタブ(屋外用ジャグジー)の需要はありましたが、外出自粛により、庭でリゾート気分が味わえるホットタブのセールスが急上昇しています。ガーデニングをはじめ、庭で過ごす時間をこよなく愛するイギリスらしいトレンドと言えますね!

外出自粛でも庭で気軽にリゾート気分!

アメリカ・Rikaさん

自宅にも大型遊具導入や遊び場をDIY?!

ポートランドでは大型の遊具やエクササイズ機器を自宅に導入する人が増加しています。ロッククライミング好きの友人一家はボルダリング用の壁を自宅に構築。4人の子どもがいる友人は庭に巨大なウォータースライダーを購入して設置しました。別の友人一家は自宅のガレージにスケボー用のランプをDIYしています!

自宅にも大型遊具導入や遊び場をDIY?!

デンマーク・Yukaさん

テント、キャンピングカー、ボート暮らしが大人気!

人口密度の低いデンマークでは、ロックダウン中はむしろ外出奨励。特に自然を楽しむのは大歓迎という雰囲気で、国内のアウトドア人気が爆発しました。我が家も庭にテントを出しっ放しにして、子どもたちが遊んだり、寝泊まりしたり。友人家族は庭のトランポリンで寝ていたり。外泊気分を味わえるキャンピングカーやボート暮らしも大人気になっています。

テント、キャンピングカー、ボート暮らしが大人気!

イスラエル・Hatsukiさん

自宅で本格的なピアノ教室&ワークアウトを
実現するテックサービス

「JoyTunes」のピアノ練習アプリは、ユーザーの演奏をリアルタイムで解析し、フィードバックを提供してくれるので、家に居ながらピアノ教室に通っているかのような楽しい体験をすることができます!
https://www.joytunes.com/

自宅で本格的なピアノ教室&ワークアウトを 実現するテックサービス

スタートアップ企業「Kemtai」のサービスは、自宅で本格的なトレーナー付きフィットネスを可能にします。パソコンのカメラで身体をスキャンするとAIによる正しい指示のもと運動することができ、フィードバックをリアルタイムで受けることができます。
https://app.kemtai.com/

自宅で本格的なピアノ教室&ワークアウトを 実現するテックサービス

タイ・Momoさん

自宅に居ながら功徳を積める「お布施デリバリー」

仏教行事や誕生日に寺院へ金銭や日用品などをお布施として差し入れる習慣があるタイでは、寺院へのお布施デリバリーが登場しました。中にはドライバーが依頼人に代わって僧侶からお祈りの言葉をもらい、その動画を送ってくれる個性的なサービスも。タイ国営郵便は、ECサイトでお布施グッズを紹介し、直接寺院へ送付するサービスも始めています。仏教国タイならではのニューノーマルなサービスですね。

自宅に居ながら功徳を積める「お布施デリバリー」


withコロナ生活における働き方の変化

日本でも働き方に大きな変化が見られますが、世界ではどうでしょう。各国で生まれている働き方のトレンドや新サービス、新スポットをご紹介します。

アメリカ・Rikaさんキャンピングカーやハウスレンタルで
旅をしながら働くスタイル!

知人は夫婦共に在宅勤務になったことを有効活用して、自分たちで改造した中古のメルセデスベンツのキャンパーバンでカナダ国境近くまで出かけ、一週間ほどアウトドア生活を楽しみつつ、車内を仕事場として働いていたようです。業務上、特に問題はなかったそうですし、車内泊用のクイーンサイズのマットレスや小さな台所を備え、かなり快適とのことです!

キャンピングカーやハウスレンタルで 旅をしながら働くスタイル!

友人夫婦は、自宅から車で2時間ほどの小さな町にある一軒家をレンタルして、家族で10日間ほどその家に引っ越し働いていました。徒歩でビーチに出かけられ、夏休み中の子ども達はビーチで毎日遊ぶことができ、大人はいつもとは違う環境で気分をリフレッシュしながら仕事を続けることができるのがメリットのようです。もちろん、一軒家のためホテルに比べて感染リスクが低い、割安なことも魅力です!

キャンピングカーやハウスレンタルで 旅をしながら働くスタイル!

デンマーク・Yukaさん地域のホステルをワークスペースとして気軽にレンタル

コロナの影響で予約キャンセルが相次いだボーンホルム島のホステルで、部屋をワーキングスペースとしてレンタルするサービスが登場して好評です。子どもが家にいて在宅ワークに集中できなかったり、オンラインでの在宅ワークに疲れたり。。自宅という日常空間では気持ちを切り替えて仕事や勉強に集中しにくい人のために、コーヒーなども利用できる、快適で集中できるホステル空間の活用が便利です!

地域のホステルをワークスペースとして気軽にレンタル

イギリス・Ayakoさん在宅ワークが定着することで腰痛防止デスクも登場

長期的に在宅ワークが続くことでダイニングテーブルなどで働かざるを得ない状況に陥り、腰痛や肩こりを訴えるイギリス人が激増しています。以前から、腰痛や肩こりを解消するためにオフィスでも立ってパソコン作業することを推奨する企業はありましたが、コロナ禍では自宅のダイニングテーブルなどに設置できる腰痛防止デスクが人気です!自由に高さが調節可能で、使用しない時は折り畳めるため、スペースが限られている在宅ワークに最適です。
https://flexispot.co.uk/classicriser-standing-desk-converters.html

在宅ワークが定着することで腰痛防止デスクも登場

デンマーク・Yukaさんフレキシビリティが鍵!
アフターコロナのオフィスレイアウト

建築・インテリア分野で世界をリードする北欧。コロナ禍で働き方が大きく変わりましたが、オフィス環境にも迅速な変化が見られました。例えば、「HOLMRIS B8」は、withコロナの時代に合わせて衛生面とフレキシビリティを重視した未来の職場レイアウトを考案。レゴブロックを組み合わせるように仕切りを作ったり、ブースを設置するなど、ニューノーマルのオフィスの形を提案しています。
https://www.holmrisb8.com/da/post-corona-saadan-skaber-du-et-sikkert-kontor-til-medarbejderne/

フレキシビリティが鍵! アフターコロナのオフィスレイアウト


今号では、各国リサーチャーが身近で感じている「withコロナ生活におけるポジティブな変化/家ナカ&働き方編」をお届けしました。日本でも共通の傾向が見られるもの、今後導入が進みそうな事例が多いですね!次号の「withコロナ生活におけるポジティブな変化 /街・地域&企業の取り組み編」もお楽しみに!


TNCのマンスリーレポートは無料のメールマガジンです。

毎月、世界のビジネス情報を無料でお届けするメールマガジン「VOICEjp」、バンコク発の期間メールマガジン「VOICEth」を配信中です。ぜひご登録ください。

メルマガに登録する