~シリーズ 世界のライフスタイル~ 世界最大規模のエレクトロニクス展 「IFA 2017」レポート

ドイツ 業種: , , , , ,  キーワード: , , , , , , ,

世界最大規模のエレクトロニクス展「IFA 2017」レポート

今回VOICEjpでは、9/1~9/6、ドイツ・ベルリンで行われたエレクトロニクス展示会「IFA2017」をライフスタイル・リサーチャーがレポートします。1924年から開催され、1930年開催時にはアインシュタインがオープング・スピーチをするなど歴史あるIFAは、世界最大規模のエレクトロ二クス・家電総合イベントのひとつです。世界約50か国以上からバイヤーや研究者などが訪れるIFAは今年で57回目。公式発表によると、出展数は1,800社以上、来場者は約24万人でした。

世界最大規模のエレクトロニクス展 「IFA 2017」レポート

今年の目玉は「IFA NEXT」という新しいブースが登場したこと。スタートアップ企業や研究・学術機関がエレクトロニクス関連の優れたアイディアやプロジェクトを紹介する従来のTecWatch部門とプレスカンファレンス会場を併設した「IFA NEXT」を用意し、積極的なマッチングを推進しました。

 

スタートアップの新しいアイデアが集結する「IFA NEXT」

160にも及ぶスタートアップ企業や研究所が集まる「IFA NEXT」。スタートアップ企業のCEOたちが講演を行うTheaterや、各ブース内でも随時10分ほどのラフな雰囲気の新製品のプレゼンテーションが行われ、多くの来場者から注目されていました。

ブース内中央では、新商品・プロジェクトなどを休みなくプレゼンテーション

ブース内中央では、新商品・プロジェクトなどを休みなくプレゼンテーション

世界中からのイノベーションであふれるブース

このブースには、デジタル系の新アイデア商品・アプリ・サービスなど様々な未来型ビジネスや商品が集結。特に多かった新時代を象徴するビジネスは、エコで合理的なライフスタイルがベースとなったもの。電気代を家電ごとにチェックできるエコ電力会社のスマートホームアプリサービスや庭をデジタル管理できるシステム、また家庭用のクラフトビール製造機など、本格的であり安心安全を求める現代のライフスタイルにマッチしたブースが賑わいを見せていました。

また「IFA NEXT」内のコンベンションセンターでは、世界中のIT系CEOたちの講演や研究者たちの発表を聞きに訪れ、新ビジネス戦略を習得やビジネスコンタクトを求めるビジネスマンたちの熱気に包まれていました。

写真(左)「IFA NEXT」入り口には、現代物理学の父、アインシュタインのパネル

写真(左)「IFA NEXT」入り口には、現代物理学の父、アインシュタインのパネル。写真(中央)Amazonの音声認識技術など大手の最新AI商品も展示された。写真(右)Fresh Energyはアプリで電力使用量を効率的にチェックできるエコ電力会社のサービス

 

デジタル技術で健康をサポートするウエルネス家電

健康志向が一段と進む昨今、疲れた心と身体の人に向けたウエルネス・健康状態チェック系アプリなどがフィットネス・アクティビティホールに集合。

VR体験型のウェルネス製品

VR体験型のウェルネス製品

VR機器を活用したウエルネス機器

ドイツで医療・健康デジタル機器などで有名なMedisanaのブースではデジタル系の測定器だけでなく、特に若年層を狙った商品が登場。世界旅行とトロピカルな南の島に滞在しているような体験を360度の空間・時間・音楽と一緒に楽しむことのできるウエルネスな映像をVR機器とマッサージ機同時使用で体験することができ、たくさんの体験者で賑わっていました。

 

ウエルネス系時計や健康状態チェックアプリが引き続きトレンドに

高齢化が進むドイツで高齢者のための健康アプリ、精神的ストレスで疲れ果てた若年層を狙ったアプリや時計、冬の朝が暗いヨーロッパには欠かせないライトアップで目覚ましにもなる快適睡眠効果のあるライトであふれたウエルネスブース。

写真(右)スポーツ中の心拍数などを測定できる機器とアプリ。写真(左)ウエルネスウオッチfitbitのブース

写真(右)スポーツ中の心拍数などを測定できる機器とアプリ。写真(左)ウエルネスウオッチfitbitのブース

写真(左)ヘルスマネージメント系アプリ。写真(右)快適睡眠のためのウエルネス系ライト

写真(左)ヘルスマネージメント系アプリ。写真(右)快適睡眠のためのウエルネス系ライト

 

新機能を搭載した注目のキッチン家電

健康意識の高まりから、料理に関心を持つドイツ人が増えている中、特にドイツメーカーのキッチン家電が注目を浴びる。

一見、普通のオーブンに見えるが、超短時間調理が可能

一見、普通のオーブンに見えるが、超短時間調理が可能

MIELEの未来型超高速調理・電磁波オーブンDialoggarer

2018年4月に8,000ユーロでMIELEから発売予定のオーブンがドイツ各メディア、ブースでも注目を集めていました。調理時間を約70%も短縮でき、調理時間の異なる野菜や肉などの食材を同時に調理可能。プレス向けのプレゼンでは、氷の塊を皿代わりとして切り身の魚を入れて調理後、魚だけが調理されるという全く新しい技術を披露していました。

 

Liebeherr「MyStyle冷蔵庫」

Liebeherr「MyStyle冷蔵庫」

強烈に個性をアピールするデザイン冷蔵庫

ドイツメーカーLiebherrからは、冷蔵庫の表面部分から、冷蔵庫内の素材にいたるまで、自分で好きなようにデザインをカスタマイズして注文できる、MyStyleシステムが登場。

https://blog.liebherr.com/hausgeraete/de/ifa-2017/

 

AEG・コンフォートリフト機能付きの食器洗浄機

AEG・コンフォートリフト機能付きの食器洗浄機

AEGからコンフォート・リフトシステム付きの家庭用食器洗浄機が登場

AEGからは食器を入れやすく、取り出しやすい、棚部分が自動で上に持ち上がるコンフォートリフト機能がついた食器洗浄機が登場し、会場で注目されていました。

https://www.aeg.de/local/awards/comfortlift/

 

 

インテリア化が進むこれからの家電

ヨーロッパでも浸透している北欧系や、サスティナビリティ素材を重視したナチュラル系インテリア。今回のIFAでは家電にもそうしたインテリア要素を取り入れる動きが目立ちました。

部屋の雰囲気にマッチするデザインスピーカー

トレンドなスカンジナビア系のインテリアですが、例えば、色とりどりの小さなスピーカーをたくさんつなげてデザイン家電とした、スタイリッシュなBang&Olufsenのスピーカーやコンパクトで持ち運べる、まるでポーチのようなVifaのBluetoothスピーカーが魅力的でした。

写真(左)壁に取り付けることで、個性のあるインテリアを実現するBang&Olufsenのスピーカー。写真(右)Vifaの持ち運びできるポーチのようなスピーカー

写真(左)壁に取り付けることで、個性のあるインテリアを実現するBang&Olufsenのスピーカー。写真(右)Vifaの持ち運びできるポーチのようなスピーカー

 

スウェーデン発、ASKO社のナチュラルイメージのビルトインタイプの食器洗浄機

スウェーデン発、ASKO社のナチュラルイメージのビルトインタイプの食器洗浄機

サスティナビリティなマテリアルがベースのナチュラル系デザインがトレンド

エネルギー・環境問題に年々関心が高まるヨーロッパやスカンジナビアらしいサスティナビリティな素材である木調を使用した美しいスピーカーや食器洗浄機などの家電たちが目立ちました。

http://www.asko.com/

 

一挙紹介・注目の新商品&注目ブース

mph-8SIEMENSの、スマホでプログラム操作・指示ができるホームコネクトアプリ仕様のカラータッチパネル付き洗濯機&乾燥機。水で洗わなくても30分という高速で、服のにおいを消臭してくれる機能付き。X-Spectというホームコネクト対応のスキャンを、洗濯したい服についたシミに当てて、シミの種類を調べてから洗濯機に指示を出すことが可能。

http://www.siemens-home.bsh-group.com/de/avantgarde

 

 

mph-9

2016にIFAデビューした人工知能と音声認識エンジンを搭載したキッチン用ロボットMykieもSIEMENSのキッチン家電コーナーに登場。Mykieに話しかけると回答やアドバイスがもらえ、家電が連動して動く。

http://www.home-connect.com/de/de/connected-household/mykie

 

mph-10

MIELEやBOSCHからも、スマホやタブレットがリモートコントロールの役目をし、IH調理器やオーブンなどの調理機器や家電の調整をすることができるホーム・コネクトやスマートホームシステムが登場。生活者たちのフリータイムを少しでも増やしたい、家事を手軽なものにする、ということが大手各メーカーの目的であり、ホームコネクトシステム機器がスタンダードな家電になる日も近そう。

https://www.miele.de/haushalt/hausgeraetevernetzung-1912.htm

 

mph-11

MIELEやBOSCHのブースでは、スター系料理人が最新オーブンや調理器具を使用した調理ショーを披露。WMFのブースでは、料理ブロガーが新発売の調理器具を使用したプロモーションを展開。

 

 

 

mph-12

スマートホームシステムも多くの人の注目を集めたブースのひとつ。中でも、監視カメラや火災・洗濯機の水漏れアラームなどを、外出中でもスマホにお知らせしてくれるような、セキュリティシステムが注目を浴びていました。

http://www.zwave.de/wd/anwendungsbeispiele/sicherheit/

 

 

 

mph-13

ドイツ発の自転車専用のスマホやタブレットホルダー関連部品会社・HR-imotionは、豊富な商品ラインナップと美しい展示で、環境意識の高い来場者の目を集めていました。

https://www.hr-imotion.com

 

 

 

IFA2017視察所感

取材が平日だったこともあり、バイヤーなどのビジネスマンたちの姿が目立つ会場内でしたが、一般の訪問者も多く、特に年配のドイツ人の姿が目立ち、IFAが展示する新しい家電への注目の高さを感じました。今回の展示では、スマホのアプリ系サービスが多く、スマホ・アプリ操作が年代に関係なく生活に欠かせないものになっていることを実感しました。またそうしたデジタル化が進む反面、メカニカルな見た目を覆い隠すように、インテリアに溶け込むような、ナチュラル志向を強調する家電が増えていることも大きな特徴だと感じます。TNCではお客様のニーズにあわせた各国のイベントの現地取材を行っております。ご興味のある方はこちらからお問い合わせください。

TNCのマンスリーレポートは無料のメールマガジンです。

毎月、世界のビジネス情報を無料でお届けするメールマガジン「VOICEjp」、バンコク発の期間メールマガジン「VOICEth」を配信中です。ぜひご登録ください。

メルマガに登録する