~シリーズ 世界のライフスタイル~ 世界が注目する食文化 急成長する南米の新興国ペルー

ペルー 業種: , ,  キーワード: , , , , , , ,

世界が注目する食文化 急成長する南米の新興国ペルー日本から飛行機で約22時間、南米ペルー共和国。2015年のGDPの伸長率は4.8%の上昇が予想され、今後5年先も安定した経済成長を続けると見込まれています。日本の約3.4倍の国土に、3,000万の人が暮らし、マチュピチュやナスカの地上絵に代表される観光立国として知られています。近年では、さまざまな気候と風土に恵まれた食の宝庫としても世界のシェフの注目を集め、2015年世界のベストレストラン50位の中に3軒ランクインするなど、美食の国としても脚光を浴びています。そんなペルーの首都リマの今をライフスタイル・リサーチャーがレポートします。

●国民生活の向上に伴い 急ピッチで進むインフラ整備

2016年に運行が始まる地下鉄路線図(予定)

2016年に運行が始まる地下鉄路線図(予定)

ブラジルと並び南米で好調な経済成長を見せるペルーでは、国民生活は劇的に好転しています。リマでは、街のいたるところで、建設中の住宅を見ることができます。また国民の車の所有率も増加しています。それに伴い交通渋滞が年々悪化していることから、念願の地下鉄建設がはじまり、2016年に運行が開始される予定です。

●充実したショッピングモール、買い物天国リマ

ジョッキープラザ(Jockey Plaza)

ジョッキープラザ(Jockey Plaza)

20年前は、リマ市内にショッピングセンターが3カ所しかありませんでした。現在のリマは、伝統的なマーケットから最新トレンドが集まるショッピングモールまで揃うようになりました。 97年にジョッキープラザ(Jockey Plaza)、98年にラルコマール(Larcomar)という高級ショッピングセンターのオープンを皮切りに、2015年現在、リマ市内だけで25カ所にまで増えています。また、レストラン、カフェ、映画館、ゲームセンター、劇場、スーパーマーケット、ボーリング場、病院、博物館、ディスコ、銀行など色々な施設が揃う複合商業施設となっているのが特徴です。中間層の拡大から国内消費は大きく増加しており、今後もさらにショッピングモールは増えていくと思われます。

●美食の国として認知度高まるペルー

44位のMaido津村光晴氏の料理

44位のMaido津村光晴氏の料理

英国専門誌「レストランマガジン」が2015年に発表した「世界ベストレストラン」にて、ペルー料理のレストランが3店(4位Central、15位Astridy Gaston、44位Maido)入賞し、美食の国として注目を集めています。上位2店は盛りつけが美しいモダンペルー料理です。伝統的にペルー料理は、量が多くて美味しいことを重視して、盛りつけに洗練さが足りませんでした。44位にランクインしたMaidoは日系人の津村氏が経営するレストランで、ペルーの先住民族の味と日本の繊細さを合わせ持った料理を提供しています。

大人気の本格ハンバーガーショップ、ベンボス

炭を使った調理で本格派バーガー

炭を使った調理で本格派バーガー

マクドナルドやバーガーキングなどの外資系ハンバーガーショップ以上の人気を誇っているのが、ローカルファストフードハンバーガーショップ、ベンボス(BEMBOS) (リマに12店舗、ペルー国内全体で111店舗)。ペルー料理に準じたものから、フランス風、メキシコ風など様々な味が楽しめます。個々に好みでつけるケチャップやマヨネーズなどもありますが、南米アンデス地域で食用とされている黄色い唐辛子のアヒ・アマリージョ(トウガラシ・ソース)がお奨め。5年前から発売しているKOBE BEEF BURGERは出来上がりまでに15分程かかりますが、炭を使って調理しており、BBQで食べる厚みのある大きなハンバーグのようにジューシーでグルメバーガーとして人気を集めています。

●世界中のグルメが注目する食の祭典 「ミストゥーラ」

ラテンアメリカ最大の食の祭典

ラテンアメリカ最大の食の祭典

ラテンアメリカ最大の食の祭典「ミストゥーラ(http://mistura.pe/)」は、ペルー美食協会( AGAPE)主催で、首都リマにて2008年から毎年9月に開催されています。多くのペルー人も注目する一大イベントとなっています。海岸沿いにの広大な会場にはバラエティーに富んだペルー各地の野菜や果物が並ぶ巨大マーケットを中心に、その周りには各地の料理を調理したり、食材を紹介するテントが所狭しと集まります。敷居の高い高級店から街の食堂や屋台までテーマごとに分かれ熱気十分です。ペルー料理とともに、この食の祭典ミストゥーラも益々注目を集めていくことになるでしょう。

●ペルー×日本料理「コミーダ・ニッケイ」

日本の巻き寿司をペルー風にアレンジ

日本の巻き寿司をペルー風にアレンジ

ペルーには日系人が約90,000人(世界で3番目に多い)いるおかげで、ペルー産の豆腐、味噌、納豆、醤油があり、野菜(里芋、ごぼう、きゅうり、なす、とろろ芋)や果物(みかん、梨、柿)などが生産されていて、ごく普通のスーパーで見かけることができます。こうした環境下で、日本移民やその子孫達が形成したペルー料理と日本料理を組み合わせた「コミーダ・ニッケイ」(コミーダはスペイン語で「食事」。ニッケイは「日系」から由来)が料理の新ジャンルとして確立され注目を浴びています。その存在を大衆に広めた象徴的なレストランの一つが、ローカライズした寿司を展開するエド・スシ・バー(EDO SUSHI BAR)。日本料理の進化糸とも言える「コミーダ・ニッケイ」が生み出す新しい料理に期待が高まります。

ペルーから日本へ紹介したいアイテム!(インバウンド)

ミネラル豊富なペルーの天日塩

ミネラル豊富なペルーの天日塩世界遺産のクスコ近くにあるマラスの塩田から取れる良質な天日塩は、海の塩よりにがり分が少ないためエグミがあまり感じられません。マラスの塩入りポテトチップやチョコレート、浴用やスクラブ用の塩まで様々な商品があります。

ブドウ果汁が原料の蒸留酒ピスコ

ブドウ果汁が原料の蒸留酒ピスコレモン、卵の白身そしてお砂糖で作るピスコサワーを代表するカクテルが「ビスコ」。このカクテルを作るためのインスタントキットも売られ、ピスコのお酒、氷、水少々とインスタントキットのフレイバーをミキサーかシェーカーで混ぜると簡単にピスコサワーが作れます。

キヌアを初めとしたペルーのスーパー穀物

キヌアを初めとしたペルーのスーパー穀物キヌアは、タンパク質が豊富でアレルゲンを持たないため、穀物アレルギーの人も摂取できる素材として世界で注目を集めています。また、必須アミノ酸、不飽和脂肪酸、食物繊維を多く含んでいて、コレステロールの発生を抑制するため、ダイエット食品としてもおすすめです。キヌアだけでなく、これからはアマランサスやカニワというアンデスの穀物も注目です。

アンチエイジングが期待できるサチャインチ

アンチエイジングが期待できる サチャインチ古くインカの時代から伝承されてきたサチャインチは「インカのピーナッツ」と呼ばれています。写真のような星形の美しい実を付け、熟すと茶色くなります。種子にはナッツが入っていて、食用やオイルの原料して使用されます。サチャインチオイルはオメガ3を多く含んでいることから、コレステロールや中性脂肪を下げ、心臓疾患を予防すると言われています。

肌に優しいオーガニックコットン

肌に優しいオーガニックコットン山岳地帯で育つ綿花は、厳しい環境でも生き延びようとする強い生命力を持っています。少しでも暖かい空気を吸い込み含もうと成長するためコシが強く弾力性に富んでいます。そして抜群の吸水・発散性の高さと、何度洗っても手触りが良いのが特徴です。デリケートなお肌にとても優しい天然素材で、日本でも好まれること間違いなし。

人気コーナー かも~ん!日本からの進出!(アウトバウンド)

1)災害グッズ

ペルーは日本と同様に地震が多い国で、2015年に起きたネパールの地震の後、リマ近郊もいつ地震が来てもおかしくないと報道されています。日本のコンパクトで充実した災害グッズがペルーにあれば役立ちます。

2)からだに良い飲料

食事の際に、甘い飲料や炭酸飲料を飲むのがペルー人の習慣です。レストランのメニューには、インカコーラを始めとした炭酸飲料、紫のとうもろこしから作るチチャ・モラーダや各種果物と水に砂糖を加えたジュースが並んでいます。乳酸飲料のカルピスやヤクルト、またスポーツドリンクのポカリスウェットもペルー人の口に合い、親しまれそうです。

3)ファストファッション

ファッションセンスの高いペルー人は多く、2年前にZara,今年5月にH&Mが大型ショッピングセンターにオープンして人気になっています。ユニクロは安くて質が良いので人気が出ると思います。ただ体型は太目の人が多いので、現地のペルー人のサイズに合わせた商品を作る必要があります。

4)日本のスナック菓子

ペルーには、ポテトチップスとドリトス、チートス以外のスナックは充実していません。韓国からのえびせん、オサツスナック、中国からのおせんべいなどはスーパーでも売っていますが日本の物の方が味が繊細で美味しいと思います。

5)耐久性のある家電製品

丈夫で長持ちする日本の家電製品をペルーでも販売してほしいです。特にペルー人はお米やパンをよく食べるので炊飯器やパン焼き器も良いかと思います。

6)包装技術

蓋、袋の作りが粗悪なペルー製品。お酢、油や醤油の蓋を開けようとして壊れる事がよくあります。切り目が入っていても綺麗に切れません。サランラップも日本の物が世界一だと思います。

TNCのマンスリーレポートは無料のメールマガジンです。

毎月、世界のビジネス情報を無料でお届けするメールマガジン「VOICEjp」、バンコク発の期間メールマガジン「VOICEth」を配信中です。ぜひご登録ください。

メルマガに登録する