新たな食材の活用が進む プラントベース・代替食品トレンド最前線

複数国 業種: ,  キーワード: , , ,

新たな食材の活用が進む プラントベース・代替食品トレンド最前線

健康意識の高まりに加え、最近では動物愛護や環境への配慮でも増え続ける、ベジ・ヴィーガン層に向けた「プラントベース(植物性)」食品。 2020年以降、日本でも肉の代替食品としてプラントベースの認知が拡大し、大手食品メーカーや外食での導入が進み、定着の兆しを見せています。日本では主な代替食材として「大豆」が使用されていますが、いち早くプラントベース食品が浸透し、活況となっている欧米各国では、肉に限らず様々なカテゴリーにおいて大豆以外の食材を活用したプラントベース食品が登場しています。今号のVOICEjpでは、「肉」「魚」「麺」「卵」のカテゴリーに分けて、各国で注目を集める大豆以外の食材から作られたプラントベース食品をご紹介します。

スペイサー

注目の「肉」代替食品

プラントベース食品の代表ともいえる「プラントベースミート」。年々需要が増加しており、新たな食材を使用した商品が数多く登場しています。

ジャックフルーツとレンズ豆のヴィーガンバーガーパテ

ジャックフルーツとレンズ豆のヴィーガンバーガーパテ

ジャックフルーツとレンズ豆を使用した商品のほか、キドニー豆(いんげん豆)と赤ビーツを使用したバーガーパテもある。

ドイツのオーガニック農家の近所で育った2人の幼馴染が起業したスタートアップ「Bunte Burger」では、レンズ豆をはじめ、オーガニックの植物性素材だけを使用して、大豆、グルテン、パーム油フリーのヴィーガンバーガーパテ「Boom Jack BBQ」を展開。肉代替バーガーではなく、あえて植物性のBIOグルメバーガーと称している。

スペイサー

ヘンプシードを使った肉の代替食品

ヘンプシードを使った肉の代替食品

ヘンプシードとパプリカ、ヘンプシードと海藻、ヘンプシードとレンズ豆の3種類を展開。

1983年から肉代替食品を製造するベルギー企業「De Hobbit」の商品である「Hemp Burger with Paprika」は、完全栄養食とも称されるヘンプシード(麻の実)とパプリカを使用しており、タンパク質、ビタミンB、マグネシウム、鉄、亜鉛、カリウムなどが豊富。ヘンプシードのタンパク質は消化に良く、胃腸に負担をかけないとされている。

スペイサー

注目の「魚」代替食品

世界の魚食消費量の増加、それにともなう乱獲、また気候変動の影響などで、今後、水産資源の減少が問題視されています。魚の代替食品である「プラントベースフィッシュ」への注目が高まる中、大手企業の参入もあり、代替シーフード市場の拡大が見込まれます。

ネスレが植物性シーフードに参入

ネスレが植物性シーフードに参入2020年8月、ネスレが初めて植物性シーフード商品に参入。スイスで展開する「Garden Gourmet」ブランドから「Sensational Vuna」(ツナの代替品)を販売した。
栄養価が高く環境にも優しいエンドウ豆を使用しており、汎用性の高いツナの代替品として様々な料理に活用できる点が特徴だ。

スペイサー

世界的に人気の高いサーモンの代替製品が登場

世界的に人気の高いサーモンの代替製品が登場2020年末にブラジルの代替肉スタートアップ企業「The New Butchers」が、サーモンの代替食品「The New Fish」を販売開始した。エンドウ豆由来のタンパク質で作られており、サーモンの味を忠実に再現している。ブラジルをはじめ海外で人気の高いサーモンの代替商品として市場開拓を狙っている。

スペイサー

注目の「麺類」代替食品

プラントベース食品のトレンドには、動物性食品の代替だけではなく、パスタなどの麺類の代替食品も登場。グルテンフリーかつ健康的な素材を使用した代替麺が人気です。

枝豆×ヘンプシードを使った「スーパーフード・パスタ」

枝豆×ヘンプシードを使った「スーパーフード・パスタ」珍しい素材でヘルシーなパスタや麺を製造販売する中国の「Tianjin ASO Organic foods」社から登場した、枝豆とヘンプシードを使用したパスタ。枝豆は豊富なタンパク質とビタミン、カロテン、鉄、亜鉛、カルシウムなどのミネラルも含まれている。ヘンプシードも優れたタンパク源と言われており、スーパーフードを掛け合わせた、低カロリーで栄養価の高いパスタとなっている。

スペイサー

注目の「卵」代替食品

料理には欠かせない食材の卵。これまでも代替商品は存在したが、本物とより近い味や調理法を実現する商品開発が進んでいます。

100%植物性の卵代替商品

100%植物性の卵代替商品フランス発の「YUMGO」は、じゃがいもプロテイン、アカシア・亜麻の繊維、水、塩を使用した、本物そっくりな味を再現できる植物性の卵白代替商品。卵黄の代替商品も展開。YUMGOを使用すれば、通常の卵料理のレシピでベジタリアンメニューを作ることができると謳っている。

スペイサー

今回は「新たな食材の活用が進むプラントベース・代替食品」をテーマに、注目の事例をご紹介しました。このカテゴリーは今後ますます拡大し、使用食材や商品分野も多様化していくことが確実視されます。TNCでは、自社事業「FOODIAL」を中心に、各国在住ライフスタイル・リサーチャーと連携しながら世界の動向をウォッチしていきます。

red

スペイサー

 海外の食潮流・フードトレンドレポート「FOODIAL」のご案内

株式会社TNCが発行する「FOODIAL(フーディアル)」は、世界各国の食トレンド情報を収集・分析し、毎月お届けする契約制のフードマーケティングレポートです。今回VOICEjpでご紹介したようなプラントベース食品の最新動向をはじめ、幅広い視点で世界の食の潮流やトレンドをウォッチしています。貴社の商品開発・マーケティングにお役立てください。

 

海外の食潮流・フードトレンドレポート「FOODIAL」のご案内【5/15発行の最新号】
Pick Up
• コロナ禍でオーツ麦の消費が拡大
健康的な朝食「オーバーナイトオーツ」の人気再燃 ― from UK
Topics
• ルピニ豆(ルパン豆)を活用した食品に注目 ― from USA
• 新感覚テイストと免疫力アップで好評
COSTAの新メニュー「乳酸菌ピーチラテ」 ― from China
その他12トピック

スペイサー

サンプル版のご請求はこちら


スペイサー

 

TNCのマンスリーレポートは無料のメールマガジンです。

毎月、世界のビジネス情報を無料でお届けするメールマガジン「VOICEjp」、バンコク発の期間メールマガジン「VOICEth」を配信中です。ぜひご登録ください。

メルマガに登録する